ドラマや映画や料理や旅行など、好きなことに関するブログです。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
輪舞曲
2006-01-15 Sun 22:46
photo1.gif


輪舞曲

とりあえずスポットCMの多さとOPが制作発表や出演者のコメントということからも、TBSが力を入れているのはよくわかります。

初回2時間にいっぱい詰め込んであるので、話を追うのに大変だったけど、ぐいぐいと引き込まれてしまいました。チェ・ジウがいつものように耐える系で涙うるうるキャラだったら脱落していたと思うけど、今回のキャラは今のところ大丈夫かも。でも演技はいつもと同じだけど。(笑)

物語はいきなり1982年からスタート。とりあえずあの男の子は竹之内豊?で、父親の職業は警察官?で、あの縁日みたいなところで出会った女の子は?そしてホテルで大爆発が起こったのはぬいぐるみにしかけられた時限爆弾のせい?そして爆発が起こったホテルから出てくる拳銃を持った男は?そしてお父さんは正義の味方だから大丈夫と言ってホテルに入って行く父親。そして死と謎がいっぱいのスタートです。どうやら父親の死は「神狗」と関連があるようで。

そして2006年。怪しげな取引現場らしきところにいるのは竹之内豊。ワイルドな感じがいいわ♪で、「よしの食堂」っていったい何?速攻削除していたけど。で、えらく派手な撃ち合いですわ。佐藤隆太君はチンピラの役どころ?

そしてそのそばを通りかかるのがチェ・ジウとイ・ジョンヒョン。イ・ジョンヒョン、「美しき日々」の時とはえらく雰囲気が変わっていて、若く見えるわ。どうやら竹之内豊と佐藤隆太は地下鉄に逃げ込んだようで。そして警察が来て危なくなると、ええぇーーーーー、地下鉄が来てるのに、線路に飛んだだよ。だ、だ、大丈夫なのか?とりあえず佐藤隆太君の靴だけが被害にあったということで、大丈夫だったみたいだが。しかし、凄く大掛かりな撮影だわ。で、あのアタッシュケースは無事回収できるのか?

そしてよしの食堂に電話をかける竹之内豊。でも先回りしていたのは刑事かと思えば仲間なのね。竹之内豊は「神狗」にもぐって3年なんだ。何となくインフィナル・アフェアみたいな感じ?

しかし、字幕なくても台詞がわかるようになっている自分が恐い。(笑)だって韓国のドラマでよく使われる単語ばかりなんだもん。しかし、地下鉄の往来の多いところでしゃがみ込むのは危ないし、迷惑でっせ。まずは駅長室へ行きましょう。

「神狗」の表の姿は風間ホールディング。そして偽札作りでうはうはと大もうけ状態。そして尻尾が掴めないからモグラ(潜入捜査員)をという声に、もう送らない、なぜなら既に5人がやられているから。凄いなマフィア。そして相手側も警察側にモグラを送りこんでいるかもしれないって、全くインフィナル・アフェアそのものだわ。

一方「神狗」側でも裏切り者探し。携帯を出せと言われて全員出して発着歴探し。オオマイガッド、「よしの食堂」の存在を知られてしまうのか?うまく警部が答えてくれて良かったわ。今度は警部からの指令は風間の息子に近づけ。その代わり、風間隆一郎の取調べを自分にさせてくれと言う竹之内豊。それは、24年前、竹之内豊の父親を殺したのは風間隆一郎なのか。で、あれはソウルだったの?全然見えませんでした。(笑)

そしてやっと竹之内豊とチェ・ジウがすれ違いました。でも、ただ通行人としてすれ違っただけなのね。

チェ・ジウと妹はちゃんと住む家があったんだ。場所的には新大久保界隈?で、日本語喋れないのにバイトするんだ。確かに楽器の演奏だったら日本語喋られなくってもOKっすわ。文句言いたくっても、日本語が喋れないとなぁ。そしてきゃーーー、バイオリンは壊れるわ、ガラスは割れるわ、竹之内豊がチェ・ジウをかばうわ、もう大変。頬を切った竹之内豊にバンドエイドを渡そうとするけど、すげなく返されるのであった。で、バイオリン壊れたけどどうするんだ?

そうか、バイオリンが壊れたから今度は料理屋をすることにしたんだ。で、日本で行方不明になった父親を探しに来たという設定なんだ。で、片言くらいの日本語なら喋れるけど、日本人嫌いだから喋らないのね。

そしてチェ・ジウの店の前にいた犬は竹之内豊が飼っていた犬なんだ。そしてペットショップでお約束の再会。しかし、向かいの八百屋の奥さんは四天王にはまっているから片言の韓国語が喋れるんだ。(笑)

私も不思議だ、なぜにチェ・ジウは竹之内豊の家を知っているんだ?と思ったらジェスのネームプレートでわかったんかい?凄い眼力だわ。韓国語と日本語の一方通行だから絶対に意思の疎通はできんわな。(笑)なんと、舎弟君は韓国語が喋れるんだ。で、向かいの八百屋の夫婦は下町らしく面倒見がいいのね。

そしてガードする人員が少ないため、表舞台に借り出されることになった竹之内豊。ホテルの買収の仕方も凄く汚いやり方だったのね。そしてはめられた社長の行動が怪しいのに気がつく竹之内豊。そして来たぁーーーー!!!でも社長が刺したのは竹之内豊。これで龍一郎の信頼を得ることになるのか?まさしく命張っております。で、社長達は殺されてしまったということね。こ、恐いっすわ。

で、竹之内豊はお嬢様の運転手なんだ。で、お嬢様は惚れてるってこと?とりあえず今回の件で息子のお目付け役に大抜擢。自分の部下は自分で決めると、結構やり手なのか?通常、こういう場合はバカ息子って決まってるんだけどな。そしてシン・ヒョンジュン登場。キング・ヨンジェは日本のカジノをとりまとめるのね。そして息子には政治家をめざせっていうことなんだ。ここで親子の確執勃発?

オッパァの発音がちと違うのが気になるんですが。そしてもっと気になるのが、男性が年上の男性を呼ぶ場合は「ヒョン」だろうがと。もしかして、隆太君はあっち系なの?でも女の子を追いかけまわしていたし、よくわからん。

さっそく龍吾からの呼び出しが。いったいどうやってはめようとするんだ?呼び出されたのはクラブゥ。もちろん、龍吾様はVIPルームに。そこではシャブをやっていて怪しげな感じ。無理やり酒をすすめる龍吾。でもきっぱりと断る竹之内豊。そして頭の上から酒をそそぐ龍吾。うわ、嫌なやつだわ。で、なぜにそこまで竹之内豊を毛嫌いするのかがよくわからん。単に親父から勝手に押し付けられたから?

そして初雪にこだわるのは何か伏線があるのか?韓国では初雪は大切な人と一緒に過ごすんだけど、日本は別に何も無いはずなんだが。

そしてさっそく龍吾から引き継いシマめぐりをするキング・ヨンジェ。早速目をつけられてしまったのか、チェ・ジウ。でもチェ・ジウとシン・ヒョンジュンと言えば「天国の階段」のイメージが強いんですが、今回も惚れる役?。だっていきなり何の関係も無いチェ・ジウを追うはずはないもんな。で、チェ・ジウは「神狗」からひどい目にあってきたのね。いやぁ、「神狗」恐いっす。

そして驚いていなくなってしまったジャスティスを探すチェ・ジウを探す竹之内豊。そして河原に座っているチェ・ジウ発見。あんなに暗いのに出会えるのはドラマだから。しかし、竹之内さん、どうも台詞がなまっているように感じるのは気のせい?韓国に帰った方がいいとは思うが、そうなるとドラマは続かないので、もう少し日本でアジャ♪そして竹之内豊の優しさに触れて、嫌いなはずの日本語「ありがとう」を言うチェ・ジウ。そしてここで初雪が来たぁーーーーー!!!!竹之内豊が大事な存在になるっていう暗示なのか!?ここで無理やりくり「ロンド」を持ってくるのはちと苦しいぞ。

つ、疲れた。
スポンサーサイト
別窓 | 輪舞曲 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<西遊記 2話 | 太陽がいっぱい | Ken's Bar>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| 太陽がいっぱい |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。